ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
壊れちゃった(T_T)2連発&日帰り秩父観光
2010 / 02 / 01 ( Mon )

昨日メインのパソコンが壊れました

使っているとキュ~ンという音を立てて電源が落ちてしまうという症状が一昨日からあったのですが、
昨日それを3回ほど繰り返したあげく、
とうとう電源が入らなくなってしまいました。

ご臨終のようです

最近の写真まだバックアップとってなかったのに~
これから、なんとかバックアップの方法を考えねばなりません。

仕事用のチビパソコンは生きているので、
こうしてアップはできていますが、不便です



そしてもう一つ壊れました。

ブーツです

昼に雨の中郵便局に行ったのですが、
雨降り用に濡れてもいい古いブーツを履いていきました。

そしたら、途中でなんかヘン

裏を見たら、古くて劣化したウレタンのソールがボロボロと
崩れているではありませんか

歩くたびにどんどん底がなくなっていきます

郵便局のあとにスーパーも行こうと思っていたのですが、
それは絶対無理

大股で家に帰ることにしました

後ろを振り返ると、私の歩いた後には、
黒いウレタンの屑が点々と……

家に帰りついたときには、
右足のソールはすべてなくて、革だけに。
靴下が濡れる寸前でした

遠出してなくてよかったわ~。

靴は見た目は傷んでなくても、古くなったら要注意ですよー



前置き長くなりましたが、
昨日は久しぶりにダンナと出かけました。

飲みには行ってるけどね~

膝のケガもだいぶよくなってきたので、
温泉療養&観光に。


ニュースステーションで紹介された
『三十槌(みそつち)の氷柱』というのが見たくて、
埼玉県の秩父に行ってきました。

三十槌の氷柱というのは、
二瀬ダムの下流、三十槌地区の荒川岸壁の湧水が氷結したものです。

これです 

三十槌の氷柱1  

向かって右側のほうは、落差がないので、
岸壁全体がもこもこ凍っています。


長いものだと4~5mほどあります。

三十槌の氷柱2 

三十槌の氷柱3 

1月中旬から2月末ぐらいまで見られるとのこと。

MIHIも行きましたよ
三十槌の氷柱4 

まずは昼間の光景をカメラに収め、
昼ごはんを食べに

「秩父は蕎麦の街」だとそこらじゅうに看板があったので、
それならと、道の駅・大滝温泉で蕎麦をいただきました。

遅めのお昼でお腹がすいていたので、
しゃくし菜(秩父名産らしい)ご飯つきのセットです

そば1 


しゃくし菜は高菜と似ていました。

お蕎麦は、十割蕎麦で、よくしまったおいしいお蕎麦でした。

そば2 
久々にこんなおいしい蕎麦食べました

その後温泉へ

三十槌の氷柱に到着するのに、
渋滞した(人気の観光スポットなんです)ので、
日帰り入浴できるところが少なくってしまい、
いろいろ探した結果、10キロ近く引き返して
谷津川館というところで入りました。

谷津川館3 

本当は日帰りの時間が過ぎていたみたいですが、
宿泊客が少なかったので、
「どうぞどうぞ!」と言ってくださいました。

お風呂にも案内してくださって、とても感じがよい宿でした

そしてお風呂に入ると、前回と同じく誰もいません

秩父の温泉と相性がいいわ~私たち

原生林の中にひっそりと建つ宿なので、
周りには全然建物がありません。

谷津川館1 

内湯もガラス張りで、一瞬戸惑いましたが、
とても解放感があって、気持ちのよいお風呂でした

谷津川館2 

露天風呂からの眺めは、原生林のみ。

途中でひとり入ってこられましたが、
内湯だけで出ていかれたので、露天は独り占めでした

桜や紅葉の季節ならなおよかったですけど、
こんなお風呂を独り占めできただけでも満足です。

お湯はかすかに硫黄のにおいがしますが、
無色透明で、少し熱めです(多分沸かしています)。

そしてここは、足マッサージ機腰マッサージ機
無料でできるのです。
普通は100円入れないとできないのにねー。

それを一通りやって、(ダンナは漫画まで読んで)
くつろいで、三十槌の氷柱の夜バージョンを見学に


ライトアップされていて夜のほうが美しいという噂だったんで。

スロープを降りていくと……きゃ~幻想的

 三十槌の氷柱10

青い光と、自然色の光で交互にライトアップされます。

三十槌の氷柱9 

水面に映る氷柱がまた美しいのですよ~

三十槌の氷柱8 
寒いのが苦手な私ですが、
手の感覚がなくなるのも忘れて写真を撮りまくりました。

三十槌の氷柱7 

三十槌の氷柱6


今日は東京も深夜からになるそう。
秩父も当然そうなんでしょうね。

雪の中の三十槌の氷柱はもっときれいなんでしょうね
それも見てみたかったわ~

391ぽちっ       391ぽちっ と応援していただけるとうれしいです。
  

 




レシピは、明日まとめてアップしますね。
スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

19 : 47 : 16 | 温泉 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
秩父・西谷津温泉「宮本の湯」
2009 / 12 / 07 ( Mon )
土曜日は、天気が悪く家でごろごろしてしまったので、
「明日は天気もいいみたいだし、どこかに出かけよう!」と
言いつつも何も決まらず就寝。

朝起きてから「どこ行く~?」と
ネットで検索して、近場の温泉に125282

といっても車で2時間ですが。

秩父の西谷津温泉・宮本の湯に行ってきました。

宮本の湯



日帰りは700円です。

貸切風呂もあり、別料金で1時間1000円でしたが、予約でいっぱいでした。

でも、入ってみたら誰もいなくて、
結局大浴場も岩風呂も貸切でした\(^o^)/

なので今回はお風呂の写真もありますよ~278

30大浴場(内風呂)
宮本の湯 内風呂 

30岩風呂(露天風呂)
宮本の湯 露天

岩風呂は5人ほど入れば満員ぐらいの小ささ。
景色も周りの畑が見えるだけと、入った瞬間はがっかり227したのですが……
お湯は絶品278


無色透明ですが、かすかに硫黄のにおいがしました。

温度もほどよく、すぐに体がぽかぽか446してきます。

ひとりでのんびり入れてお得な貸切風呂でした319


男湯のほうは、途中で一人入ってきたそうですが、
ほぼダンナの貸切状態だったそう。

私たちが上がったときは、男湯には誰もいなかったので、
私も男湯に潜入して写真撮影235

宮本の湯 男湯
こちらはレンガ風呂というちょっと洋風な造り。

男湯と女湯は日替わり518みたいです。

宮本の湯 コラージュ

お風呂の周りには、宮本家の田畑が広がり、ヤギもいました。

動物とのふれあいや、蕎麦打ち体験などもできるみたいです。


近くには同じ宮本グループが経営している、
200年の農家屋敷に泊まれるホテル「宮本家」もあります。
そこは客室にそれぞれ露天風呂がついているようです。

30これがその農家のホテルです。
宮本家

入れないので、外観の写真だけ撮らしてもらいました。
宮本家2

宮本家の畑で採れたもので作った料理が食べられるそうです。
昔は当たり前だったのでしょうが、現代ではとても贅沢なお食事ですよね~277



しばらく温泉行ってなかったですが、
やはり温泉の湯は、肩こりも腰の痛みもス~っと取れますね179

ダンナは、せっかく取れた懲りが車の運転で
家に帰り着く頃には復活してしまいましたが。
かわいそ~241


近場にこんないい温泉があるとは199
また行きたいな~199

ダンナ、今度は運転手伝うので、また連れてってください466466466


ランキングに参加しています。
お役に立ったら 
391ぽちっとしてもらえるとうれしいです。
  





テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

16 : 07 : 07 | 温泉 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
癒しの1日
2009 / 07 / 21 ( Tue )
連休の中日、19日(日)癒しの1日でした。

前日の大騒ぎで疲れ果てて、昼近くに起き、
「今日どうする?何する?」って話になりました。

私は最近顔の肌荒れがひどく、デトックスしたかったので、
いつもお邪魔している都築の風邪@横浜さんのブログで拝見してずっと行きたいと思っていた、
相模原市の青根緑の休暇村にある『いやしの湯』224に行きたいと提案。

ダンナも転んで打ち身があったので、その提案が通り、行ってきました~ 125282

いやしの湯

さすがに連休中、ちょっと混んではいましたが、
広々したお風呂と休憩室なので、ゆっくりくつろぐことができました454

源泉かけ流しの源泉浴槽は38度のお湯で、ゆっくり入ることができます。
腰痛、神経痛、関節痛、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病に効果がある成分らしいです。
ゆっくり入浴することで、皮膚から温泉成分が吸収されるとか。

私も30分ぐらい浸かって、顔を手でパックするように入ってみました。

とっても軟らかくていいお湯224でした。
癒されました417
都築の風@横浜さんありがとうございました466

都築の風@横浜さんの「いやしの湯」の記事はこちら63  ここです



そして帰り道、都内に戻ってきたら、夕日がとってもきれい420

車からの景色をトイデジで撮ろうとカメラを出したら天気雨が305
もしかして虹が出る?って思っていたら……

485出ました 2

ド~~~ン 363

虹1

家に向かう道すがら、信号で止まるたびに撮影しました。

虹2

うっすら二重になっているのわかりますか?

虹3

だんだん日が暮れていきます。

虹4

お願いだから家のベランダに着くまで消えないで~459

車を飛び降りて、ベランダに急いで出てみたのですが、
残念ながら虹はすでに消滅227


でもとってもきれいな夕焼けが233


夕日2

夕日1

私の大好きな映画『バクダッド・カフェ』178みたいな写真が撮れました319

トイデジなんで、肉眼よりは赤く写っていますが。

そうこうしているうちに夕焼けも色あせてゆきました。

夕日3

温泉で癒され、虹ときれいな夕焼けに感動してベランダに佇んでいたら、
風がとても心地よくて気持ちがいい416ことに気づきました。

これは、久々のあれだ2ってことで


1年ぶりのベランダご飯15

ベランダご飯

狭~いベランダにキャンプ用のランタンを灯して、
アウトドア用の椅子を持ってきて、乾杯しました306
私は前日のお酒で胃が疲れていたので、梅ジュースでね235

メニューは
80ナス焼きおかかしょうゆ
80ズッキーニの明太マヨ焼き
80枝豆
80市販の焼き鳥

涼しくて486、楽しくて454、まったり417でした。

そんな癒しの1日でした。




ランキングに参加しています。
391ぽちっ       391ぽちっ としてもらえるとうれしいです。
  

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

12 : 38 : 29 | 温泉 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
みちのく見仏&温泉の旅 PART3 大沢温泉・鉛温泉
2009 / 05 / 12 ( Tue )

みちのく見仏&温泉ドライブ34203のPART3です。

5月3日の朝、北上市のビジネスホテルを出発し、花巻に向かいました。

ダンナが昔入って、大のお気に入りの温泉2箇所をはしごするためです。

まず到着したのは、224大沢温泉

2009_0504GW岩手0180大沢温泉

レトロな建物が迎えてくれました。

まだ午前中ということもあって、人気の温泉ですが、すいていました。
私一人の時間もあったのでが、
カメラを車に置いてきてしまい、お風呂の写真は撮れませんでした241

ダンナはしっかりカメラを持ち込んで撮っていたので、
それを紹介します。

30これが、メインの大沢の湯です。
大沢の湯1

川に面した大露天風呂。
混浴でしかも川の反対側から丸見えなので、私は遠慮しときました。
大沢の湯3
ちょっと様子をのぞきに行ったのですが、開放感があって気持ちよさそうでした。
もうちょっとおばあちゃんになったら入ってみようかな~235

30大沢の湯からの眺め
大沢の湯から
左上の菊水館にも南部の湯という檜風呂があるのですが、
掃除中で入れませんでした。

ダンナが大沢の湯に入っている間、
私はかわべの湯という、女性専用の露天風呂に入りました。

そしてあと2つの湯にも。

大沢温泉4

左下:豊沢の湯(男女別)…対岸の景色を眺めながら、ゆっくり入れました。

右下:薬師の湯(男女別)…内風呂。こんなひょうたん型の浴槽が2つずつあるレトロなお風呂。

大沢温泉は、無色透明の匂いもほとんどない温泉です。

2つめでふらふらになって、3つ目は断念しようかと思ったのですが、
「こんな遠くまで来たんだから全部入ろう363キャンペーン」がダンナから提案されたため、
川ぞいの廊下においてあるベンチで涼んでから、最後の薬師の湯に入りました。


レトロな建物を撮りたくて、車にカメラをとりに行ったので、30ここからは私の写真。
大沢温泉3

お風呂上りのビールは飲めないので464マスカットサイダーで水分補給。

駄菓子や自炊用の食品がおいてある売店は、
まさに昔の駄菓子屋さんみたい(右下)

ここで、先日書いた、温麺とじゃじゃ麺を買ったのです。

ここには、自炊部といって、素泊まりの部屋があって、
自炊しながら、湯治もできるんです。
炊事場は、まるで昔の学校の給食室のようでした。

1日いても飽きないな~と思ういいところでした。

でも、次の温泉へ出発です34203

車で15分ほどで到着したのは
224鉛温泉 藤三旅館

2009_0504GW岩手0204藤三旅館

またまたレトロな建物です。

鉛温泉は、全部で5つの源泉があり、
すべて源泉かけ流しで、加熱も加水もしていません199


売店のおばちゃんが、そう説明してくれて、
「時間があったら全部入ってってよ~234」って言ってくれました。

もちろんですとも199
全部入ろう!キャンペーンですから236

鉛温泉


まずは河鹿の湯に入りました。
2009_0504GW岩手0192河鹿の湯

内湯で、湯が熱めなので、長くは入っていられませんでした。

次は、私は銀(しろがね)の湯(女湯)、ダンナは白糸の湯(男湯)です。

川の対岸に滝が見える、半露天風呂でしたが、
対岸から丸見えなので、女湯は網戸がはまっていて、
それほど開放感はありませんでした441

銀の湯は人がいたので写真はなしですが、
ダンナはしっかり撮ってきました。

30左下が白糸の湯
鉛温泉2
<photo byダンナ>

次は、桂の湯(男女別)です。男湯は29の上3枚です。

30女湯
2009_0504GW岩手0197桂の湯

ここは、内湯と露天両方あって、
景色もいいので、ゆっくり入ってきました446

最後は、鉛温泉の一番の売り、白猿の湯です。

ここは、深さが1.25mと深く、立って入る湯です。

普段は混浴なのですが、
8:00~9:00、14:00~15:00、19:00~20:30が女性専用になります。

ちょうど桂の湯からでてきたのが14時だったので、
全部入ろうキャンペーン実施のため、入ってきました。

ここは撮影禁止のため、写真は藤三旅館のHPよりお借りしました466
白猿の湯

手すりもなにもないので、どうやって入るの?って思っていたら、
腰の高さあたりに少し段差があるので、
そこに足をかけて入れるようになっていました。

立って入ると全身にまんべんなく湯圧がかかり、
循環器系を整え、血行促進にも効果があるそうです。

3階までの吹き抜けになっていて、天井も高いので、
開放感満点280

でも湯が熱めで、長くは入っていられませんでした。

だって、今日7つめのお風呂だもんね~456

本当は、温泉って1日にそんなにいくつも入らない方がいいんですよね。
でも、これで全部入ろう!キャンペーンは達成しました。

鉛温泉は、全部源泉が別なので、色はみんな無色透明ですが、
無臭のお湯もあれば、ちょっと硫黄の香りがするお湯もありました。

どれがどれだったかは、忘れました456

GWでしたが、さほど混んでいなくて、ゆっくり温泉入って癒されました266



まだ旅は続くのですが、読んでるだけでも湯あたりしそうなぐらい長くなりましたので、
今回はここまで。

PART4に続く。

長風呂にお付き合いありがとうございました。
大沢温泉鉛温泉を楽しんでいただけたら
  391ぽちっ としてもらえるとうれしいです466
  ランキングバナー

 




テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

17 : 47 : 28 | 温泉 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。