ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京都日帰り見仏記 PART3 願徳寺&勝持寺
2009 / 01 / 12 ( Mon )

年末の京都日帰り見仏記 PART3です。


大報恩寺を出た私たちは、
2006年秋に東京国立博物館で行われた
特別展『仏像 一木にこめられた祈り』で前半の目玉となっていた、
願徳寺の国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音)に会いに行きました。

後半展示の向源寺の十一面観音菩薩立像もすばらしかったので、
絶対お会いしたい363と車を飛ばすこと約30分125282

街からはちょっと離れた、山の中腹にあるので、
バスや電車では、ちょっと不便なところにあります。
車で来ててよかった 454

願徳寺

元は679年に持統天皇の願によって、向日市に創建されたお寺で、
応仁の乱によって焼失してしまいました269
江戸時代に家康の加護を受けたものの、
平安時代の面影はなくなってしまい、
昭和に入って荒廃が進んだため351
本尊をはじめ諸仏は隣の勝持寺に移動安置されました。
そして、昭和47年に現在の場所に再建され、諸仏は帰座されたとのことです。

小さいお寺で、入口のインターホンで拝観を申し出て、入れてもらいます。

願徳寺2 

390このお堂の中に菩薩半跏像(伝如意輪観音)がいらっしゃいます。

中に入ると、住職が5分ほどの、
縁起や仏様の説明をしてくださいます。

最初、菩薩半跏像は照明が暗くてよく見えず、
「あ~あ、夕方来たのがいけなかったのかな~444と気落ちしていたら…
それは、住職の演出451

菩薩半跏像の説明になったら、
パッと厨子の照明がついて77、はっきりお顔を拝見できました257

「何か質問はありませんか?」と言われても、
私ちはすっかり菩薩様に見とれていたため、
言葉も出ず349266
住職を無視してしまいました436

「では、ごゆっくり」と言われて、
私たちだけになっても、見とれたまま、
5分ほど身動きできず451266
放心状態でした。

それほど美しい352のです10363

資料によると、
約1200年前に、カヤの一木から彫られており、
お顔の相や衣の様子から唐の様式のもの。
中国からの渡来仏、または渡来人の作だという説があります。

他にも、薬師瑠璃光如来(重文 平安後期)、青不動明王、
聖徳太子二歳像
も安置されていました。

「来てよかったね~411」と門を出ると、
「花の寺 勝持寺」という看板が目に入りました。

願徳寺の仏様を34年間も預かっていたお寺です。

せっかくだから、行ってみることにしました。

勝持寺5

入ってみると、すごくいいお寺でした419

680年天武天皇の勅によって創建された古刹。
ここも応仁の乱で、仁王門以外を焼失してしまい269
乱後に再建されました。

でも、かなり古い建物が残っています。

境内には、西行桜をはじめ数種類約100本の桜や、
もみじほかさまざまな植物が植えられていて、
花の寺235として有名らしいです。

確かに高台にあって、景色もいいし、
さぞかし桜と紅葉の時期は賑わっているだろうな~257と思うお庭でした。


ところが、紅葉が終わって、年末押し迫り、
しかも閉館時間ぎりぎりに駆け込んだ218282ので、
拝観者はまたまた私たち2人のみ。

写真スポットもいっぱい2
写真撮りまくりました94
といっても、仏さまは撮影禁止ですから、撮ってませんよ。

勝持寺

勝持寺3 

390本堂の阿弥陀堂

235桜が咲いていたらきれいでしょうね~349

本堂の隣には瑠璃光殿という収蔵庫があり、
そこに、本尊の薬師如来像(重文)、金剛力士像(重文)、
日光・月光菩薩像、十二神将像、西行法師像などが安置されていました。

薬師如来像は、左手の薬壺から
右手で薬を摘まみ取る、珍しいお姿でした451

勝持寺4 

390不動堂

岩窟の中に、石の不動明王がいらっしゃいました。

私は、勝持寺ではこの不動明王が一番印象に残っています417


ここで、もう薄暗くなってしまい、
最古の仁王門には、残念ながら行けず、
京都日帰り見仏の旅は終了です463

このあと、高速125282で私の実家愛知県に戻りましたとさ。
実は、この後日、愛知で見仏があったのです。
その模様は、また次回。


またまた長くなってしまいました455263

最後までお付き合いいただきありがとうございました466


ランキングに参加しています。
京都を堪能していただけたら
  391ぽちっ                        391ぽちっ としてもらえるとうれしいです。
  ランキングバナー   人気blogランキングへbanner2

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

16 : 00 : 05 | 旅の思い出 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「ノルマンディーポーク」&「コーンスープ」 | ホーム | 京都日帰り見仏記PART2 大報恩寺>>
コメント
----

玉ねぎアレルギーさん


京都在住のとき、良く花の寺に行きました。
花の寺と言われるだけあり、桜の季節が
素敵です。

京都市内が観光客一杯でも、
向日市、長岡京市は、西山と言われ
筍の名産地。

秋の、光明寺も最高です。



      都筑の風@横浜

by: 都筑の風@横浜 * 2009/01/14 07:17 * URL [ 編集] | page top↑
--都筑の風@横浜 さん--

やはり、桜の時期がいいのですね。
また行きたいです。
願徳寺の如意輪さんにもまた会いたいし。

光明寺も今度チェックしておきます。

情報ありがとうございました。
by: 玉ねぎアレルギー * 2009/01/14 14:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://neginuki524.blog17.fc2.com/tb.php/205-2490ea1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。