ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
奈良見仏記 4 【法隆寺 前編】
2009 / 11 / 17 ( Tue )

2日目(11月1日)は法隆寺からスタートです。
(前回を読みたい方は、左のカテゴリーから見仏をお選びくださいm(__)m)

天気予報では雨でしたが、朝起きたら快晴1
「本当に雨降るのかな~?」なんて思いながらも傘を持って出かけました。

JRの法隆寺駅からバス29で10分ほどで到着。

南大門(国宝)
法隆寺 南大門

南大門をくぐると……
見えてきました197
修学旅行で来たことがあるはずなのに、記憶に全くない227五重塔中門

法隆寺 中門2

今回はちゃんと目に焼き付けて帰ります236

法隆寺 MIHI 
ボクもいっしょにね239


中門は国宝建造物です。

そして両側には、金剛力士像(重文・奈良時代・塑像)が祀られています。

法隆寺 中門3

金剛力士像は、もとは塑像ですが、補修の際体の一部が木造にされたそうです。
そのお陰で風雨にさらされても壊れずに残っているのでしょう。

顔には色が少し残っていますが、それはたぶん補修のときのものなのでしょうね~。


法隆寺MIHI2 
後ろからにらまれて、ちょっとこわいです229

な~んて、朝早く割とすいていたので、29こんな記念写真も撮ってみました。
めいさんのお友達のまねっこです278

この後はどんどん修学旅行や団体のバスが到着し、
すごい人になるのですが……183


拝観料を払って門の中へ。
中門は現在はくぐれず、脇の拝観口からです。


中門の裏がわに回ると、教科書に出ていた30エンタシスの柱が。
法隆寺 エンタシス


五重塔金堂(両方とも国宝)です。
法隆寺 五重塔と金堂
空がきれいですねー420

1300年も前に聖徳太子もこの景色を見ていたのかと思うと感慨深いものがあります。

トイデジで撮るとこうなります30
法隆寺 トイデジ
題して「喜びの踊り441
世界遺産ではしゃいでみました235



見仏は五重塔から
法隆寺 五重塔

餓鬼が屋根を支えているんですよ201

法隆寺 五重塔2
重そうで罰ゲームのようですねー236

五重塔の1層めの東西南北の各面には、
仏教世界が塑像で表現された塔本四面具(国宝・天平時代)があります。

とくに北面の「釈迦の涅槃」は有名です30

法隆寺 涅槃浄土
(写真はhttp://avantdoublier.blogspot.com/2008/03/blog-post_18.htmlからお借りしました)

お釈迦様の足元に阿修羅がいるのがわかりますか?

この阿修羅像は日本最古のもので、
有名な興福寺の阿修羅像266はこれを手本に作られたといわれているそうです。

東面には、文殊菩薩と維摩居士の問答の場面、
南面には、弥勒の浄土、西面には分舎利(釈迦の遺骨を分配する)のシーンが
安置されています。

でも細かい金網越しで、照明もないので
細かい部分は見えませんでした241

阿修羅だけは一生懸命見てきましたけど……201


次は金堂内の見仏です。
法隆寺 金堂

金堂の屋根を支える柱には、龍が巻きついています。

法隆寺金堂2 

29これは下り龍ですが、昇り龍もあります。
この龍は江戸時代の補修時につけられたといわれています。


金堂で有名な仏といえば、釈迦三尊像(国宝・飛鳥時代・銅像)

法隆寺 釈迦三尊像
(写真はhttp://www.bell.jp/pancho/k_diary-2/2008_07_10.htmよりお借りしています)

普通、釈迦如来像の脇侍は文殊菩薩と普賢菩薩ですが、
この三尊の脇持は薬王菩薩・薬上菩薩です。


以下Wikipediaより 
623年、止利仏師作の光背銘を有する像で、日本仏教彫刻史の初頭を飾る名作である。
図式的な衣文の処理、杏仁形(アーモンド形)の眼、アルカイックスマイル(古式の微笑)、
太い耳朶(耳たぶ)、首に三道(3つのくびれ)を刻まない点など、
後世の日本の仏像と異なった様式を示し、大陸風が顕著である。



やはり飛鳥仏は独特ですねー。
顔が面長でほっそりしています。


お隣には、薬師如来像(国宝・白鳳時代・銅像)がいらしゃいました。
法隆寺 薬師如来
(写真はhttp://www.mypress.jp/v2_writers/uduki67/story/?story_id=1506156からお借りしました)

上の釈迦如来像よりも少し丸みがあって優しいお顔をされています。

光背裏の銘に聖徳太子が父用明天皇のために造ったとあるようですが、
実際には本尊よりも時代が進んでいるので、再建のころのものだといわれています。


そして反対側のお隣には、現在フランスのギメ美術館蔵となっている
阿弥陀三尊像(重文・鎌倉時代)の模造が置かれていました。

慶派の仏師作だったから本物が見たかったな~237



そして四隅には、四天王立像(国宝・飛鳥時代・木造)が安置されていました。

法隆寺 四天王
(写真はhttp://www.pauch.com/kss/g012.htmlからお借りしました)

後の時代の四天王に比べて動きがなく、
直立不動で立つ姿が、かわいらしく見えました178

東大寺戒壇堂の四天王とえらい違いですねー179



金堂だけでもおなかいっぱいな感じですが、
法隆寺にはまだまだみどころいっぱいです。


次に向かったのは、大講堂(修復中で覆いがかぶされていました)
金堂の後ろに写っている白い巨大なビニールハウスのようなものが大講堂です。

大講堂の本尊は、薬師如来像(国宝・平安時代・一木造り)
法隆寺 薬師三尊
(写真はhttp://tencoo.fc2web.com/jinja/xhoryuji.htmからお借りしました)

丈六という高さ約2.5mという大きいサイズの仏像です。
脇侍の日光・月光菩薩とともに1本の木から彫り出されています。

肉づきがよくて、平安の仏像らしいきらびやかな感じが顕著です。

赤い柱のせいか、仏像に金が残っているせいか、
極楽とはこんなところかな~228って思わせる雰囲気が漂っていました。



そして、事前の調べでは期間がずれていると思って諦めていた
上御堂(かみのみどう)が特別開扉されていました。

11月上旬のみの開扉です。法隆寺 上御堂

ここの御本尊は、釈迦如来坐像(国宝・平安時代・一木造)です。
法隆寺 釈迦如来
(写真はhttp://blog.goo.ne.jp/gfi407/e/cd2ca0b991d8b09f657cbed3eeada002からお借りしました)

脇侍は文殊菩薩普賢菩薩です。 

こちらも丈六の一木造り。

なぜか顔の金箔だけが剥がれおちていて、
お顔がとても黒く感じます。

昔はみんなが触ってお参りしていたのかしら?

法隆寺 コラージュ2

上御堂から降りてくると、境内は修学旅行生でいっぱい84
しかも小学生です。

まるで鶏小屋が火事になったような騒ぎ238
自分たちもきっとあんな風だったんですけどね~235

でも一緒に回るのはいやー240

ということで、彼らが金堂や大講堂にいる隙に
今回の法隆寺のメインイベント
夢殿本尊秋季特別開扉へ向かうことにしました203

夢殿(国宝・天平時代)
法隆寺 夢殿

あ~ドキドキ345 やっとお会いできます救世観音

みんなが覗き込んでいる窓が、救世観音がいらっしゃることろです。
法隆寺 夢殿2 

30救世観音(くせかんのん)立像(国宝・飛鳥時代・木造)

法隆寺 救世観音
(写真はhttp://www.geocities.jp/qsshc/cpaint/nihon3.htmlからお借りしました)

絶対秘仏だった本尊をフェノロサ岡倉天心
研究のために開帳させて発見したといわれる仏像です。

聖徳太子が在世中に等身に刻まれたと言われています。

確かにお顔は確かに聖徳太子の肖像画に似ているような……
凛と立つ姿がとても美しかったです267

こちらも金網越しで照明なしでしたが、外の天気がよくて明るかったので
割とよく見えました。

なんか見るだけで気持ちがホッとして救われるような仏様でした。

満足満足454



夢殿の隣には、日本最古の袴腰付鐘楼(国宝・鎌倉時代)があります。

法隆寺 鐘楼

なんだか見たことがなく、かっこいい鐘楼だったので写真を撮って、
帰ってきて調べたら国宝でした。

私も建物を見る目が育ってきたのかしら?278


法隆寺 トイデジ2


夢殿まで来たら、中宮寺はすぐ近く。

法隆寺はまだ見終わってないですが、先に中宮寺へ向かいます。
修学旅行生が通り過ぎるのを待つためにもね235


またまた長くなったので、ここで一旦終わりにします。
お付き合いありがとうございました466

法隆寺を楽しんでいただけたら
391ぽちっ       391ぽちっ としてもらえるとうれしいです。
  



テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

01 : 00 : 47 | 見仏 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<【白菜のきしめん風スープ煮】 &【さつまいもとソーセージのグラタン焼き】 | ホーム | スカイツリー&【海老の姿まるごとアボカトグラタン】 &【鮭イクラ丼&豚汁】>>
コメント
--No Title--

わ~奈良懐かしい~。
昔行きました!かっこいいですね。
世界遺産で喜びの踊りは玉ねぎアレルギーさんですか?
ステキ~ヽ(^o^)丿
その写真すご~くいい写真~!!

玉ねぎアレルギーさん海老のまるごと姿グラタン作ってくださったのですね~ヽ(^o^)丿
紹介ありがとうございます(*^_^*)
うれしいです(^^♪
by: ぱお * 2009/11/17 14:42 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

こんにちは!

法隆寺に五重塔と金堂!!!
本当に見事ですねー。

(これを見たら、浅草も。。。ですよね。笑)

>1300年も前に聖徳太子もこの景色を見ていたのかと思うと感慨深いものがあります。
↑わかります、わかりますー。
私は中国で同様に感じました!

救世観音さま、とても素晴らしいですね。
顔の表情が名前通り、
とても心が落ち着く感じもして、
品がありますね!

また、引き続き、楽しみにしております♪
by: 三十路オンナ * 2009/11/17 16:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

法隆寺に行って来られたのですね~
あー、やっぱり奈良はいいですね♪
また行きたくなって来ました。
私も11月1日は奈良にいましたが、大変な雨でしたよね・・
またリベンジの奈良の旅がしたいなぁ~
by: cecilmama * 2009/11/17 23:13 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは~--

あれ?これはMIHIちゃんとは別の子ですか?
(^^)一緒に旅をしたんですね^^
喜びの踊りの写真素敵(笑)どれも写真が素敵です!
私も春日大社へ行って、大木を見た時にこの木はずっと昔の人も見てきたし、昔の人もその木を見ていたんだと思うと不思議な気持ちになりました。
こうして仏像を見てると心が落ち着きますね。
神様なんていない!と思っていたんですが、見ているとやはり命が宿っている気がして仏様は静かに色々見ているんじゃないかという気がします。
by: めい * 2009/11/17 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

恥ずかしながら法隆寺に行った時は、鹿ばかりに気を取られ。
ほら、あっちにいるよ~、こっちにもいるよ~状態で、建物も見たし仏像も見たんだけれどよく覚えてないかも。
玉ねぎアレルギーちゃんみたいによ~く見ると、建物の細部にまでいろんなのがいるのね。
屋根を支える餓鬼や竜とか。
救世観音って綺麗☆
金網越しの照明なし、そういわれるとそういうのが多かった気がする...
天気予報大外れの青空ね!
by: 愛されている妻 * 2009/11/18 09:18 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

玉ねぎアレルギー さん

テンプレート帰られたのですね、秋本番と同時にリスさん達は冬支度ですね。

見仏巡りの宝庫、法隆寺、天気も後押しで大満足の玉ねぎアレルギーさん。
仏様達と会話をして色々な話を聞けたことと思います。
それにしても、見仏好きでないと気づかないビューポイントがたくさんあるのですね。


   都筑の風@横浜
by: 都筑の風@横浜 * 2009/11/18 09:49 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます--

[e-133ぱおさん

踊っているのは私とダンナです。
実は踊っているわけではないのですが、
そんな風に見えますよね。

海老のまるごと姿グラタン見た目も華やかだし、
おいしいからまた作りたいです!

 
e-133三十路オンナさん 

1000年以上も前の人と同じ景色が見られるなんて、すごいことですよね~。
法隆寺の周りは、あまり近代的な建物もなく、
田畑に囲まれた静かなところだから、
余計にそう感じました。
浅草ではそうはいきませんからね^_^;

まだまだ続きは長いです。
また読みに来てくださいね。


e-133cecilmamaさん

そうなんですよね~。
この日の午後から急に雨&寒波がやってきて
悲惨でした(T_T)
午前中まではこんないい天気だったんですよ~。
私もまだ行きたいところいっぱいです!


e-133めいさん

この子がMIHIです。
ふもさんの近くに行くので、MIHIも連れて行きました。そっくりさんだから(^_-)
よくケーキに登場するちっちゃいのは、MIHIママのミルミルなんですよー。

木には魂が宿っているといいますが、
奈良に行って、
立木だけでなく木造の建築物や、仏像にも
魂が宿っているみたいな気がしました。
きっとスピリチュアルすぽっとなんですよね、奈良って(^_-)


e-133愛されている妻さん

私は、法隆寺では鹿は全然見なかったです。
いたのかな~?
法隆寺は、東大寺や興福寺などと全然雰囲気が違って、別格って感じの厳格な感じのするお寺でした。
お土産なども質素なものばかりで、仏像をキャラクター扱いするのはイヤみたい。
だからクリアファイルもなくて……。
それだけに、管理も厳重で、金網越しが多いのよね~。
世界遺産&国宝の宝庫だからしかたがないけど。
でも美しい空にそびえる五重塔と夢殿には、本当に感動したわ~。
天気は午前中までなんですけどね(^_-)

e-133都筑の風@横浜さん

今まで涼しげなテンプレートだったので
あったかいものに変えてみました。
でもこれだとまたすぐ変えなくちゃですね^_^;

そうなんです。
普通に観光するだけだと気にも留めない
ビューポイントがあるんですよ~。
事前に仏像好きの方のHPなどを調べて行ったので、
いろいろ見ることができました。
もし今度お寺に行かれる際は、
気にしてみられるとおもしろいかもしれませんよ。
by: 玉ねぎアレルギー * 2009/11/18 12:46 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

奈良は、修学旅行以外に行ってないので、印象はやはり五重の塔です
今なら観るところが違うし、歴史をちゃんともう一回おさらいしてから観たいです

奈良の鹿にさんざん、舐められかじられて制服が酷い目にあったことを思い出しました(どうでもいい話です)すんません

トイデジの画像、いいですね~

日本の遺産も凄いものですね
by: koh * 2009/11/18 14:49 * URL [ 編集] | page top↑
--No Title--

うしろから睨まれているMIHIちゃん(というのですね)、とっても可愛い!

そして、MIHIちゃん、大きいのですね!
びっくりしました。
by: ラテモ * 2009/11/22 09:39 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます--

e-133 kohさん

本当に奈良にはすごいものがいっぱい遺産として残っていて、
感動しました。
私も小学生以来(何十年行ってないの~(*_*;)
全然記憶にないところが悲しいですが、
今回のはしっかりと脳裏に焼き付けてきました。

トイデジおもしろいです。
違った風景が撮れますよ。


e-133ラテモさん

MIHIは原寸大で作ったんですよ。
キンクマハムスターは、こんなもんです(^.^)
手のひらサイズで、いたずらするとおにぎりの刑にしてました。
体が柔らかいからすぐ指の間からにげちゃうんですけどね(^_-)

by: 玉ねぎアレルギー * 2009/11/23 13:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

仏像もいいけど、金堂のヒノキの1枚板扉が最高です。どんだけデカいヒノキだったんだと。雲斗雲肘木も一木ですし。
あんなにデカい1枚板の扉は永遠に登場することはないでしょう。
by: ひのき * 2012/01/16 22:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://neginuki524.blog17.fc2.com/tb.php/493-b39bb782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。