ネギぬき堂

趣味のフェルトクラフトやダイビングの写真、そして玉ねぎやネギぬきのレシピをのんびりご紹介♪

奈良見仏記 5 【中宮寺&法隆寺 後編】

11月1日の見仏法隆寺の続きです。

団体客を避けて夢殿に先に来てしまったので、
中宮寺を先に拝観します。

中宮寺

以下Wikipediaより
「中宮寺(ちゅうぐうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの寺院である。
宗派は聖徳宗に属す。
山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子または間人皇后とされている。
……平安時代の『聖徳太子伝暦』は、中宮寺は聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ、間人皇后)の宮殿を寺としたと伝え、後には間人皇后自身が発願者であるという伝承も生まれる。
鎌倉時代の顕真が著した『聖徳太子伝私記』の裏書には、「葦垣宮、岡本宮、鵤宮(いかるがのみや)の3つの宮の中にあった宮なので中宮といい、それを寺にした時に中宮寺と号した」との説が記載されている」


中宮寺といえば木造半跏思惟像(国宝・飛鳥時代)です。
アルカイックスマイルで有名ですよね。
中宮寺 半跏思惟像
(写真はhttp://www.lcv.ne.jp/~kohnoshg/site53/history4.htmからお借りしてます)


お寺では伝如意輪観音ですが、
本来は弥勒菩薩として造られたものではないかといわれています。

黒くつやつやなので、一瞬銅像なのかと思いますが、
近くで拝見したら、木のぬくもりが感じられ、
やさしい微笑み228でこちらまで優しくなれそうな仏様でした419

柵はありますが、けっこう近くまでよって拝観できますし、
説明のテープが流されている、畳のお部屋でお参りする形式なので、
心がやすらぐお寺417でした。


中宮寺 コラージュ1

お庭の木や花の形の瓦など、尼寺らしい気品が漂っていました。



ここで、早めのお昼ご飯にしました。

法隆寺の南大門の前に戻って、目の前のレストランに入りました。

法隆寺 昼ごはん
窓からは、法隆寺が見えています。

太子うどんと柿の葉寿司のセットを食べました。
なんでこれが太子うどんなのかは不明 3

そして、食後は柿ソフト 425
法隆寺 柿ソフト

だって法隆寺といえば、
柿食えば、鐘が鳴るなり法隆寺」ですもの278

柿にちなんだものがお土産屋にもあるのです。

五重塔をバックにソフトクリームの写真を撮ろうとした矢先、
雨が降り出しましたー260


さっきまで青空だったのにぃ~~~258

天気予報はばっちり当たりました。

ここからは傘481をさしての拝観です。


30三経院(国宝・鎌倉時代)
法隆寺 三経院
聖徳太子が勝鬘経・維摩経・法華経の三つの経典を
注釈されたことにちなんでつけられたそうです。

長~~い建物です。
中には入れません。


三経院の前を通り過ぎると、30西円堂(国宝・鎌倉時代)が高い所に見えてきます。

法隆寺 西円堂

八角形の円堂です。
ここは団体客が来ない場所なので、とても静かです228

法隆寺 西円堂2
雨宿りがてら、景色を眺めて佇む男性(右端に写っています184)もいました。


あの男性の位置からは、こんな30景色が見えるんですよ。
法隆寺 西円堂からの眺め


西円堂の本尊は薬師如来像(国宝・天平時代・脱活乾漆像)
西円堂 薬師如来
(写真はhttp://blog.goo.ne.jp/gfi58/e/4516de8456e88f3ca43d4fda178f8027からお借りしています)

丘の上のお堂にいらっしゃるので、別名峯の薬師とも呼ばれています。

脱活乾漆像はとてもお金233がかかる製作方法です。

そんなお金がかかるものが造られたのは、
この薬師如来が光明皇后の母君である橘夫人(たちばなぶにん)の発願であるからだそうです。

二重の光背も特徴的ですねー69

顔はふっくらとしていますが、少々厳しい表情です。

この薬師様は、特に耳の病気にご利益があるそうです。
聖徳太子が何人ものいうことを聞き分ける能力があったという伝説から
生まれた民間信仰のようですよー。


私たちが薬師様を見ていると、知らないおじさんがやってきて、
「あの薬師さんの前に置いてある鏡は戦国時代に夫の無事を祈って
女性が奉納したものなんだよー」とか、
「あの、正岡子規の俳句で有名な鐘は、ここにある鐘だよ。
江戸時代に徳川○○(←忘れちゃった235)の母が
奉納したものだから、屋根にその人の家紋が入った瓦が使われているんだよ」
などどいろいろ説明をしてくれました。

何度も訪れてはみんなに説明している方なんでしょうね。

そのです。
法隆寺 西円堂の鐘
そして瓦には確かに他とは違う家紋が入っていました。

時の鐘」なのですが、私たちが法隆寺にいる間は1度も鳴らなかった気が……229
見仏に気を取られて聞こえなかっただけ?



どんどん雨がひどくなってきましたが、まだまだ法隆寺は見るところがあります。


30聖霊院(しょうりょういん)
法隆寺 聖霊院 

30聖徳太子像(国宝・平安時代・木造)を祀るために建てられたものです。
聖徳太子像
(写真はhttp://www.dokodemo-bessou.com/h_20y/20-1-1.htmからお借りしました)

3月22日(聖徳太子の命日2月22日を旧暦に合わせて)にお会式が行われるそうです。

その時しか開扉されないので、写真だけが展示されていました。



そして法隆寺最後は、国宝・重文どっさりの宝蔵院へ。

何といってもここのメインは
30百済観音(国宝・飛鳥時代・木造)

百済観音
(写真はhttp://www.geocities.jp/qsshc/cpaint/nihon3.htmlからお借りしました)

美しい~266
私は百済観音に惚れました349266266

法隆寺の仏様で一番好き414です。


写真で見ていたときは、それほどでもなかったのですが、
実物をみるとその大きさ(209.4m)に圧倒され、
しなやかに伸びた姿態の美しさに魅せられました178

写真と実物のギャップがこれほどまでに大きいとは。


厳重にガラスケースに入れられていますが、
ちゃんと照明も当てられ、横からも見られます。

本来は観音菩薩立像ですが、
他の飛鳥仏とは様式が異なるので、百済から伝来したといわれてこの名前がつけられました。

光背を支える棒は、竹のように見えますが、
これも彫刻なんですって。

団体のガイドさんが大声で説明しているのが聞こえてきました236



宝蔵院には、他にも玉虫厨子、阿弥陀三尊像(伝橘夫人念持仏)、
観音菩薩立像(夢違観音)、
観音菩薩立像(九面観音
などの国宝267があります。

それも単体で見たらすごいのでしょうが、
百済観音に魅了された私には色あせてみえてしまったのでした235


法隆寺から帰ってきて3週間ですが、
すでにまた百済観音にお会いしたくなっている私です343



今回の法隆寺はこれでおしまいです463

次回、法輪寺に続きます。



またまた長い日記に お付き合いありがとうございました466

法隆寺を楽しんでいただけたら
391ぽちっ       391ぽちっ としてもらえるとうれしいです。
  

*Comment

No Title

玉ねぎさん今晩は☆

本当に仏像に詳しいのですね!素敵~!
見ているだけで・・・心が波打ちます。
無の世界がありそうで・・・
法隆寺行った事がないので勉強になります。
今日は大人しい応援したく・・・ぽちぽち。
  • posted by maya
  • URL
  • 2009.11/22 18:11分
  • [Edit]

No Title

法隆寺も奥が深いですね

小学校の修学旅行から行った事ないです(涙)

  • posted by kin&fuuまま
  • URL
  • 2009.11/22 21:00分
  • [Edit]

No Title

すご~い!
仏像の世界、ホントに深そう。
私にはなんて読むのかさえわからない世界になってきちゃった(笑)。
わかるのは、”柿食えば、鐘が鳴るなり法隆寺”。
そこで柿ソフトを食べなくちゃ!ってこと。
それは普通においしそうね♪
私はガイドさんに“トイレの芳香剤を食べてる気分になる”と言われたのにも関わらず、食べてみた富良野のラベンダーソフトを思い出したわ(笑)。

天気予報、当たって残念。
あんなにいいお天気だったのに。
雨宿りの男性はもしや??
  • posted by 愛されている妻
  • URL
  • 2009.11/22 21:19分
  • [Edit]

No Title

こんばんは。
奈良見仏、素敵ですね♪学生時代、
ずいぶんお寺巡りをして感激しました~
今は柿のソフトクリームがとっても魅力的に見えます(笑)

ミルク鍋ですが、とろみをつける前の牛乳を長い時間煮立たせないのがポイントです♪
まず具材を少量の水で柔らかく煮ます。(この時、コンソメで味をつけています)次に牛乳を加えて煮ます。沸騰しそうになったら水溶き片栗粉でとろみをつけ、それから粉っぽさがなくなるまで弱火で煮ています。とろみがついてからはぐつぐつ煮ても分離しません。実はこの間のお鍋はちょっと目を離した隙に沸騰してしまい分離気味になってしまいました。こんな感じで作っています。下手な説明ですが、お役に立てたら嬉しいです。
  • posted by ビークン
  • URL
  • 2009.11/22 22:25分
  • [Edit]

No Title

懐かしいです。
もう数年足を運んでおりません。
学生時代に梅原先生の『隠された十字架』を読んで以来、法隆寺に魅せられ、どれだけ勉強しても底なし沼のような法隆寺に憑かております。
  • posted by 十兵衛
  • URL
  • 2009.11/23 06:47分
  • [Edit]

No Title

お美しい、弥勒菩薩さま~♪
ここは今まさに、ワタクシが近々行こうかと思っているお寺ですわん!
10代の思春期頃にふと思いつき、訪れたお寺なのです。
観音開きのお守りは、いまでも大切に持っておりますよ~
(何十年前に買ったかは内緒♪)
そっか…尼寺ですよね、ここ。
何だか思い出のタイムカプセルを開けた様な気持です♪(о^ー')ь
  • posted by あん金ママ
  • URL
  • 2009.11/23 15:16分
  • [Edit]

こんばんは♪

お寺や仏様をみるのも、どうして今ここにあるのかのいわれを教えてもらうと、感慨が全然違いますね~。
特に聖徳太子なんかは私の中では伝説に近い存在で、実在の人物としての実感が全然ないのですが、こうして実際にお寺とかが残っているのですものね。う~ん、すごいっっ。

↓の黒ラブちゃんのポーチとキーケースもとっても素敵v-238
玉ねぎアレルギーさんのワンちゃんへの愛情が伝わってきます^^。
  • posted by 黒糖ぱん
  • URL
  • 2009.11/24 00:43分
  • [Edit]

No Title

こんにちは~

奈良といえば柿!
柿ソフトに柿の葉寿司もとっても美味しそう♪
(↑食い気ばっかりでごめんなさい(;一_一))
ちなみにワタシずーっと「柿食えば鐘が鳴る鳴る法隆寺」だと思ってたの(笑)
それを言ったら旦那さまに「そんなに鐘は鳴らさないよ・・・」って思いっきり爆笑されちゃいました。
正しくは「鐘が鳴るなり」なのね。
ひとつ賢くなりました(+o+)

実は、この三連休で奈良へ行ったんだけど親戚のお家へ行っただけで名所の近くを通ったにもかかわらず素通り・・・ 残念。
でも玉ねぎアレルギーちゃんの奈良のレポートを見てちょっと満足です♪
ありがとね~(*^_^*) 
  • posted by くまYOME
  • URL
  • 2009.11/24 10:59分
  • [Edit]

No Title

こんにちはー!

木造半跏思惟像、木造なんですね!
本当につやつやして、
木で作られれてるとは思えないですね。
保存状態もとてもよいようですし!

国宝・重文どっさりの宝蔵院、
これはかなり見ごたえがありそうですね!!!

また、引き続き、更新楽しみにしております♪
  • posted by 三十路オンナ
  • URL
  • 2009.11/24 12:02分
  • [Edit]

No Title

玉ねぎアレルギーさんほんと仏像詳しいですね~!!
日本情緒あふれていてお寺ってステキですね。
最近行ってませんがこうやって写真をまじまじと見ると
改めて思います(*^_^*)

フェルトほんとすごいですね~
いつも感動しちゃいます~
そっくりな上にめっちゃかわいいんですもん(*^_^*)

  • posted by ぱお
  • URL
  • 2009.11/24 14:39分
  • [Edit]

コメントありがとうございます

i-266mayaさん

見仏していくうちにだんだん覚えていったり、
帰ってきてからブログのためにいろいろ調べているだけです。
まだまだ知らないことばかりです。


i-266kin&fuuままさん

近いのに勿体ない~!
私なら毎月行っちゃいそうです(^.^)


i-266愛されている妻さん

柿ソフトまあ、普通においしかったですよ。
香りの強いラベンダーとかはちょっと……ですよね。
天気予報はバッチリ(*_*;
あの男性は、赤の他人です。
若者でした。


i-266ビークンさん

ミルク鍋ありがとうございましたm(__)m
今度試してみますね!

夏は海、寒くなったらお寺めぐりの近年です。
だんだんマニアックになっていきます(^_^;)


i-266十兵衛さん

私も何十年ぶりに行って、感動しました。
また行ってしまいそうです。
梅原さんの本読んでみたくなりました。


i-266あん金ママさん

思春期にkの微笑みで癒されたんでしょうね。
なんでも包み込んでしまいそうな、この微笑みにには安らぎを覚えますよね。
お守りはぜんぜんチェックしてきませんでした。
次回行かれたら写真載せてくださいね!
あん金ママさんもいろいろお寺や神社にいかれてますよね。


i-266黒糖ぱんさん

そうですよね~。
やっぱり云われや歴史を知って訪れると全然感動が違いますね。
聖徳太子は実在の人物ですが、
かなり神格化された伝説がたくさんありますからね~。

フェルトありがとうございますm(__)m


i-266くまYOMEさん

今度奈良に行ったら、ぜひ柿ソフトを!
近いからいいな~。

でも、私たちも年末に実家に帰ったついでに、また京都いこうかな~ってダンナが言ってます(^_-)


i-266三十路オンナさん

半跏思惟像いいですよ~。
木造なのにあのツヤ、びっくりです。
引き続きがんばります。
まだ先は長いのです(^_^;)


i-266ぱおさん

若い時は全然興味がなかったお寺も
歳とともに好きになってきました。
やっぱり日本人なんですよね~。

フェルトお褒めいただきありがとうございますm(__)m
  • posted by 玉ねぎアレルギー
  • URL
  • 2009.11/24 21:35分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

FC2カウンター

プロフィール

玉ねぎアレルギー

Author:玉ねぎアレルギー
東京在住。ダンナとふたり暮らし。
ダイビング、羊毛フェルトが趣味。
玉ねぎ、ねぎ、にんにく、らっきょう、みょうがなどが嫌いで、
特に玉ねぎ、ねぎ、にんにくはアレルギーのように消化不良を起こします。
そんな私が作る、ネギぬきレシピとフェルト作品をご紹介します。
フェルト作品はhttp://mihi.cart.fc2.com/
で販売しています。


最近は、ネギぬきレシピ掲載をお休みしています。
カテゴリーから過去のレシピをご覧ください。

最新記事

おすすめ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぽちっとしてくれるとうれしいです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア






悪徳ブリーダー
↑悲しい現実です。
許せません!

女性のための検索サイト