ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マブール・シパダンダイビング旅行1
2012 / 09 / 09 ( Sun )
9月2日に出発して、マレーシアのマブール&シパダンでダイビングをしてきました。

この春から本業がハードで連日残業だったので、
リゾートでのんびりしたい!と思って水上バンガローを予約。
観光はいっさいせず、ひたすら海に潜っていました。

02,SEP.2012 
10:30 マレーシア航空で成田を出発→16;45 クアラルンプール
17:45 マレーシア航空でコタキナバルへ
20:00ごろホテルへ到着

DSCF3755-1.jpg

最上階の部屋でしたが、山側の部屋で夜景はゼロ。
明日の移動に備えて睡眠をとるのみでした。

03,SEP.
7:30 マレーシア航空にてコタキナバル→ 8:15 タワウ着
8:30 送迎車にてセンポルナ港へ
9:00 ボートにてMABUL WATER BANGALOWへ
Tawau→Mabul
フェリーを想像していたのですが、このようなボートで移動でした。
でもスピードも速く、波もなかったので、乗り心地は快適。

約45分でバンガローが見えてきました。
SIPADN-MABUL RESORT
素敵な建物が近づいてきてワクワク!

降り立ってみるとまさにそこは楽園
真っ白い砂浜の上に建つバンガローです。

SIPADN-MABUL RESORT

リゾートとダイビングの説明を受け、急いで準備をしたら、
まずはチェックダイブに出発です。

マブール島の中にあるショップにウェットスーツをレンタルしにいきます。
SIPADN-MABUL RESORT

バンガローから島への移動は、バギーで。
SIPADN-MABUL RESORT

いよいよチェックダイブです。
Dive1 Mabul House Reef 11:57-12:27

ハウスリーフは、真っ白な砂地に人工の根が作ってあります。

ギンガメアジの群れ (BIGEYS TREVALLYS)BIGEYS TREVALLYS

オオカマス(GREAT BARRACUDA)GREAT BARRACUDA

たぶんツチホゼリ
ツチホゼリ?
日本の図鑑では1mとなっていますが、巨大でした。1.5mはあったかな?

ヒラムシ(Polycladida)
Polycladida

セスジミノウミウシ (a nudibranch 学名Flabellina rubrolineata)
セスジミノウミウシ

サビウツボ(WHITEMOUTH MORAY)
サビウツボ

ゴマアイゴ
ゴマアイゴ

ハナミノカサゴ(LIONWISH)
ハナミノカサゴ

水面にはイワシ?キビナゴ?みたいな小魚が群れていて、
キラキラしてきれいでした。
DSCF3808-1.jpg

1本目を終えて上がってくると、引き潮でバンガローの下は白砂があらわになっていました。
SIPADN-MABUL RESORT

島の子どもたちがこんな風に遊んでいました。
SIPADN-MABUL RESORT


ランチはハウスリーフの前のレストランで。
SIPADN-MABUL RESORT

朝食、昼食、夕食、すべてビュッフェ形式です。
LUNCH
さすがアジアのご飯は美味しい!

チェックダイブは問題なくクリアし、ランチ後に2本目のダイブへ。

Dive2 Mabul Paradise1 14:50-15:47


ハウスリーフと同じ白い砂地です。

スジモヨウフグ
スジモヨウフグ

カスリハゼ?orギンガハゼ?
ギンガハゼ
ギンガハゼだと思っていたのですが、PCで拡大してみたらギンガに特有の星がないみたい。
だからカスリハゼかな?
それとも固有種?

タツノオトシゴ(SEAHORSE)
SEAHORSE

ワカヨウジ?(PIPEFISH)
PIPEFISH
PIPEFISHとガイドさんが書いていましたが、
日本の図鑑にはヨウジウオの種類がたくさん載っていてどれかわかりません。
一番似てるのがワカヨウジなのですが……

カエルアンコウ(FROGFISH)
FROGFISH
巨大でした。多分20cm強あったと思います。
白い砂地に、なんであんな目立つ色のカエルアンコウが?
岩や石に擬態しているのかもしれませんね。

ストロボが当たってなくてうまく撮れていませんが…
トウアカクマノミ(CLARK'S ANEMONEFISH)
CLARK'S ANEMONEFISH

アカウミガメ(LOGGERHEAD TURTL)
ウミガメ
マブールやシパダンのシンボルともなっているウミガメこれからもいっぱい登場します。

アカフチリュウグウウミウシ(a nudibranch 学名Nembrotha kubaryana)
アメフラシ

2本目はこれで終了

バンガローのベランダから見えるサンセット
DSCF3893.jpg


残念ながら水平線には毎日雲が出て、最終日まで本当のサンセットは見えませんでした。

夕食前の散歩をしました。
リゾートから桟橋のようなボードウォークが続いていて、
先端にはヘリポートがあります。
ヘリポートからリゾートを振り返った景色
DSCF3902-1.jpg
夜景もまた一段と素敵です。

ディナーはオープンテラスでいただきました。
DSCF3903.jpg

夕食後、部屋のベランダでまったりしているとなんだか外から歌声が。
実は9月3日はダンナの誕生日。
ドアを開けるとスタッフ7、8人がケーキを持って入ってきて、Happy Birthday♪ songを大合唱。
みんなでお祝いしに来てくれたのでした
DSCF3913-1.jpg
大感激

とてもよい誕生日になりました。
スタッフの皆さんテリマカシー!


To be continued
10 : 02 : 27 | ダイビング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<マブール・シパダンダイビング旅行2 | ホーム | フェルトdogs>>
コメント
--お久しぶりです!!--

ことしはどこに行ったのかしらと思ったら
シパダン、マブールだったんですね。

実は私たちも新婚旅行という名の強化合宿として2000年に行きました。
振り返ればかなり無謀でした。

それにしてもあそこは到着までに
相当時間がかかりますよね。
お疲れ様でございます。

やさしいスタッフ、よかったですね。
続きが気になります。
by: ちびっこ * 2012/09/11 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
-->ちびっこさん--

ご無沙汰してました。
本当にマブールは行きつくまでに時間がかかりました~。
でも時間をかけるだけのことはありました。
ダイビング三昧とはこのことだ!とばかりに潜りまくってきました。
でもそれがかえって、帰国してからの禁断症状を引き起こしています。
あ~窒素吸いたいe-455
by: 玉ねぎアレルギー * 2012/09/12 01:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://neginuki524.blog17.fc2.com/tb.php/696-332fc58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。