ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
できる理由を考える
2012 / 10 / 14 ( Sun )
先週の土曜日、高校の同窓会で、元「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎氏の講演を聞いてきました。
その中で、とても印象に残った言葉がありました。
「アメリカの政府はできる理由を考えるが、日本の政府は出来ない理由ばかり考える」
この通りの言い方ではなかったかもしれませんが、要約するとこのような意味でした。
「できない理由」のひとつに「前例がない」というのがあるそうです。それを盾に、予算を削ったり、開発の中止を決定したり……。
それがNASA とJAXA の差になっているのだということです。

私の今いる職場でも、ぴったり当てはまることがよくあります。
「こうすれば、もっと便利になるのに」「この方法で、業務を合理化したい」と提案をしても、なんだかんたできない理由を並べられて却下されたり、前例が無いという理由で予算がもらえなかったり。

政府だけでなく日本国民全体、そういう人のほうが多いのでしょうね。

普天間基地やオスプレイ問題など、そう考えると、議論が噛み合わないはずです。
アメリカは「できる理由」で押してくるのに対して、
日本政府は「できない理由」しか主張しないから。
他の場所に移すための「できる理由」を考えたらどうなのでしょうか。

川口氏は「この講演を、このような、人生下り坂の人ではなく(笑)もっと若い世代に聞いて欲しかった」とおっしゃっていました。
これからの教育には、ディベートの授業も必要だとも。
全くその通りだと私も思いました。
10 : 23 : 14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フェルトにゃんず | ホーム | 自然の神秘>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://neginuki524.blog17.fc2.com/tb.php/704-c7ed6ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。