ようこそネギぬき堂へ。

  フェルト作品3上

  趣味で作っている羊毛フェルトのクラフトのネットショップでは
  皆様のペットのオーダーメイドも承ります。
  詳しくは、こちら↓をご覧ください。

  MIHI羊毛フェルトペットショップ

  http://mihi.cart.fc2.com/
  フェルト作品3下
 最新の記事は、この↓下です

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
高野山見仏記 Part1
2012 / 12 / 04 ( Tue )
11月23~25日の3連休、高野山に修行に行ってきました。
うそです。
見仏です。

22日、仕事が終わってから急いで家に帰り、
ご飯とお風呂をすませ、深夜0時に車で出発

途中で少し仮眠をとりながら、
ほぼ徹夜でダンナが運転して(私も2時間ほど運転)、
11時半に高野山に到着。

PB230775-1.jpg

修復中の中門の前の駐車場に車を置いて、まずは根本大塔へ。
DSCF4815-1.jpg
弘法大師の時代からあった建物ですが、落雷による火災で焼失と再建を繰り返したそうです。
現在のものはえらく新しく見えますが、昭和12年に建てられたもの。
色を定期的に塗り替えているのでしょうね。

内陣には本尊の胎蔵界曼荼羅大日如来、その周囲に金剛界曼荼羅四仏(阿閦、宝生、阿弥陀、釈迦)が
祀られています。
さすが密教の総本山。寒さのせいもあって、身が引き締まる思いがしました。

御影堂
PB230781-1.jpg
弘法大師の持仏堂(1847年建立)。


金堂
DSCF4845-1.jpg
無理やり紅葉を入れて撮影してみました。
紅葉は、ほとんど終わっていましたが、こんな風に少しだけ残っている木もありました。

当初の建物は、819年、高野山開創時に建立されたものですが、
焼失、再建を繰り返し、現在の建物は1932年(昭和7年)に6度目の再建のものだそうです。
昭和元年の焼失で、絶対秘仏であった本尊も焼けてしまったため、
もともとの本尊がどのような姿であったかは、不明。

現在は、高村光雲作の薬師如来(阿閦如来)が祀られたのですが、
秘仏のため未公開でした。
脇侍の、普賢延命菩薩坐像、不動明王像坐像、降三世明王立像が復元されておりそれは見られました。

准胝堂(じゅんていどう)の准胝観音
DSCF4820-1.jpg

孔雀堂の孔雀明王
DSCF4824-1.jpg
元の本尊の孔雀明王像は快慶作です。
重要文化財に指定されたので、現在は霊宝館に収められています。

六角経堂
DSCF4817-1.jpg
鳥羽法皇の皇后であった美福門院が、鳥羽法皇の菩提を弔うため、建立された経蔵だそうです。
美福門院、大河ドラマでは松雪泰子さんが演じていた人ですね。

三鈷の松(さんこのまつ)
PB230811-1.jpg
「弘法大師が唐より帰国される折、明州の浜より真言密教をひろめるにふさわしい場所を求めるため、日本へ向けて三鈷杵(さんこしょう)と呼ばれる法具を投げたところ、たちまち紫雲(しうん)たなびき、雲に乗って日本へ向けて飛んで行きました。後にお大師さまが高野近辺に訪れたところ、狩人から夜な夜な光を放つ松があるとのこと。早速その松へ行ってみると、そこには唐より投げた三鈷杵が引っかかっており、お大師さまはこの地こそ密教をひろめるにふさわしい土地であると決心されたそうです。その松は三鈷杵と同じく三葉の松であり、「三鈷の松」としてまつられるようになりました。」高野山真言宗 総本山金剛峯寺HPより

西塔
DSCF4842-1.jpg
西塔には、金剛界大日如来と胎蔵界四仏がいらっしゃいますが、
暗くて拝顔できませんでした。

各お堂を廻っていると、どこからか読経が聞こえてきました。
声のほうに急いでいってみると……
僧侶が各お堂の前で、読経をして回っていました。
DSCF4857-1.jpg
ストーカーのようについて回って、写真を撮らせていただきました。

CAM00675-1.jpg
移動は早足なので、ついて行くのも一苦労です

「オン アビラウンケン バサラ ダトバン」(大日如来の御本尊御真言)
PB230816-1.jpg


東塔
DSCF4875-1.jpg
大治2年(1127年)、白河院の御願によって創建され、
天保14年(1843年)に焼失しました。
その後140年の間再建されず、昭和59年(1984年)にようやく再建されたのが現在の東塔。

東塔の本尊・尊勝仏頂尊(そんしょうぶっちょうそん)、脇侍の不動明王、降三世明王。
PB230824-1.jpg

国宝不動堂
DSCF4852-1.jpg
「建久8年(1197年)、鳥羽上皇の皇女である八條女院(はちじょうにょいん)内親王というお方が発願され、行勝(ぎょうしょう)上人によって建立されました。もともと一心院谷(現在の金輪塔<きんりんとう>所在地付近)に建てられていましたが、後世になって伽藍へ移築されました。
現在の建物は14世紀前半に再建されたものです。お堂の四隅はすべて形が違い、四人の工匠(こうしょう)がそれぞれの随意に造ったためと伝えられています。当初は阿弥陀堂であったと推定されていますが、後に不動明王を本尊とし、八大童子(はちだいどうじ)が奉安されました。この八大童子は運慶の作として有名で、現在は霊宝館に収められています。」高野山真言宗 総本山金剛峯寺HPより

高野山最古の建造物らしいです。
苔むした屋根が渋いですね~。


こうやくん
DSCF4867-1.jpg
これが私たちが最初に出会ったこうやくんですが、
彼は今高野山いったいで売り出し中らしく、いたる所にいました。
グッズもいろいろ販売されていました。
ゆるきゃらかな~?
そうでもないか。
いろんなところで何度も見ているうちに、かわいくなってくるから不思議

長くなってしまったので、ひとまずここまで。

まだ昼ちょっと過ぎなので、1日目がまだまだ続きます。

00 : 59 : 32 | 見仏 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高野山見仏記 Part2 | ホーム | トイプードルのクリスマスリース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://neginuki524.blog17.fc2.com/tb.php/709-a042a313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。